スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私、この人のことが、好きなんだ。(桂ヒナギク/ハヤテのごとく!!)

<第13話: Feeling of Freedom より>

◆ 次の下線部の名台詞を英訳せよ。

ヒナギク:
今、ようやく分かった。
私、この人のことが、好きなんだ。
この人のことが。

でも、好きになるといなくなってしまう気がする。
そんな思いが、どこか、怖くて…。


私、バカだな。
この景色と同じ。
そばにあったのに、怖くて見られなかったなんて。


ハヤテ:
今も、怖いですか?


ヒナギク:
怖いわ。

でも、悪くない気分よ。




【解説】

○ 今、ようやく分かった。
I finally understand.


「ついに、とうとう、やっとのことで」の意のfinallyです。



○ 私、この人のことが、好きなんだ。
I'm... in love with him.


ここでは、テラスに連れ出された瞬間に恋をした、というわけではなく、
出会ったときから(後のギリシャ旅行のとき、一目ぼれだったのかも、と本人が語っていますが、)恋をしていたんだということに気付いたわけですから、状態動詞を使うのが適当でしょう。

というわけで、恋を「している」という現在の状態を表すので、"be in love"となっています。
恋を「する」という動作を表す場合には、「恋に落ちる」との言葉通り、"fall in love with 人"を使いましょう。



○ この人のことが。
I'm in...


リフレインです。



○ でも、好きになるといなくなってしまう気がする。
But I thought he'd go away if I came to love him.


仮定法です。

I thought (that)
[ he would go away if I came to love him. ]

「もしも恋をしてしまったら、いなくなってしまう、と思った」



○ そんな思いが、どこか、怖くて…。
I was scared of something like that happening...


「そんなことが起こるのが怖くて…」

something like that を動名詞の意味上の主語と捉えて、
"something like that happen"ようなことが怖かった、というように訳せます。


つまり、
ヒナギクさんは、
かつて自分を愛してくれていたはずの両親がいなくなってしまった、
という過去の辛い記憶から、
自分にとっての大切な人は、必ずいつかいなくなってしまうのではないか、
という想像に囚われてしまっており、
自分がハヤテ君に恋をして、自分の大切な人になってしまったら、
ハヤテ君もいつかいなくなってしまうのではないか、
と恐れているわけです。

そのため、心のどこか奥底で、恋をしているということを否定していた、んですね。


そのことに、
ハヤテに促され、自分が同じく恐れていた生徒会室からの眺めを見ることができたとき、
ヒナギクさんはやっと気付いて…



○ 私、バカだな。
I'm such an idiot.


suchが強調として用いられてします。
語順は、必ず、such a (形容詞) 名詞 の語順です。
一方、soの場合は、so 形容詞 a 名詞 の語順ですね。

idiot は「バカ」の意でよく用いられます。


「私、本当にバカだな」



○ この景色と同じ。そばにあったのに、怖くて見られなかったなんて。
I was afraid of facing it out of fear, just like this view.


「ちょうどこの景色(を怖がっていた)ように、(恋するといなくなってしまうのではという)恐怖から逃れて、(ハヤテ君に恋をしているという事実)に直面するのが怖かった」の意。

こんなに深い意味がこもった言葉になのに、ハヤテは気付いていないなんて…。
いやまあ、気付いているのかもしれませんけどね。
ただ、こっちもこっちで、過去のトラウマが…、ああ、ややこしい!

そして、こんな気の利いた発言をします。



○ 今も、怖いですか?
Are you still afraid?


「まだ怖いですか?」

ところで、stillには、形容詞で「じっとした、静止した、静かな」などの意味もあります。



○ 怖いわ。
I am.


たった2語ですが、感情が伝わってきます。



○ でも、悪くない気分よ。
But...
I don't feel bad about it.


feelの後には、形容詞を置いて、第2文型、SVC。

itが何を指すかは…、まあ自明ですね。



【解答】
Hinagiku:
I finally understand.
I'm... in love with him.
I'm in...

But I thought he'd go away if I came to love him.
I was scared of something like that happening...

I'm such an idiot.
I was afraid of facing it out of fear, just like this view.


Hayate:
Are you still afraid?


Hinagiku:
I am.
But...
I don't feel bad about it.



〔出典〕
Hayate the Combat Butler 2nd Season
Episode 13: Feeling of Freedom


にほんブログ村 英語ブログ 英語 名言・格言へ
にほんブログ村

↑応援のクリックをよろしくお願いします!
 
スポンサーサイト

テーマ : ハヤテのごとく!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シャッセ

Author:シャッセ
 今や小学校の教科書にもマンガが載る時代!
 アニメやマンガ、ラノベなど、日本のサブカルチャーの重要性は高まるばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Animetrans Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。