スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世界の誰一人、見たことがないものがある。(とらドラ!)

<第1話: 虎と竜 より>

◆ 次の名台詞を英訳せよ。

この世界の誰一人、見たことがないものがある。

それは優しくて、とても甘い。
たぶん、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。
だからこそ、世界はそれを隠したのだ。
そう簡単に手に入れられないように。

だけどいつかは、誰かが見つける。
手に入れるべきたった一人が、それをちゃんと見つけられる。

そういうふうにできている。




【解説】

○ この世界の誰一人、見たことがないものがある。
 Everyone has something that they haven't seen before in this world.


「この世界で一度も見たことがないものが、誰にでもある」

従属節内は、現在完了の経験かな。



○ それは優しくて、とても甘い。
 It's something very kind and sweet.


something などの -thing で終わる語に対しては、
形容詞はその後に置かれます。



○ たぶん、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。
 If they saw it, everyone would probably want it.


仮定法過去です。
そう簡単には見れるものではないんですねぇ。

probablyは、90%以上の可能性を表します。
ほぼ間違いなく、誰もが「それ」を欲しがる、というわけですね。

ところで、perhaps を「たぶん」と訳す人がいますが、
perhaps は30%以上の可能性と、割と低い可能性を表すので、
「たぶん」よりは、「ひょっとすると」と訳した方がいいでしょうね。



○ だからこそ、世界はそれを隠したのだ。
 That is why the world hid the thing.


"That is why"は因果関係を表すディスコースマーカーです。
"This is because"と対になる存在で、

原因 ― That is why → 結果
結果 ← This is because ― 原因


という関係になります。


"That is why"は「そういうわけで」、「だから」
"This is because"は、要は"because"と同じで、「なぜなら」とでも訳しましょう。

自由英作文だのを書くときに、This is because を覚えておくと、非常に便利です。


つまり、

【原因】見ることができたら、「それ」を誰もが欲しがる。
 ↓ 「だからこそ」(←That is why)
【結果】世界はそれを隠した。

という論理なわけです。



○ そう簡単に手に入れられないように。
 So people cannot easily obtain it.


日本語では「目的」の意味ですが、
ここでは意訳して、「結果」の意味で訳されていますね。

【原因】世界はそれを隠した。
 ↓ so
【結果】簡単には「それ」を手に入れられない。


原因が結果を生み、その結果がまた新たな原因となり、結果を生む、
という、まさに因果の交錯です。


また、obtain は get と比べ、「苦労して手に入れた」ニュアンスの単語です。



○ だけどいつかは、誰かが見つける。
 One day, someone will find it.


"one day"は「ある日」、「いつか」の意で、
「むか~し、むかし」の意で出てくることが多いことから、
過去にしか使えないように思ってる人もいますが、
ちゃんと未来にも使えます。

まあ、未来に関しては"some day / someday"を使う場合が多いようですが。


さて、ここまでは、仮定法なんかも出てきて、実現性の薄い感じがしましたが、
ここからは未来形になります。

いつかは「必ず」、誰かが見つける、のです。



○ 手に入れるべきたった一人が、それをちゃんと見つけられる。
 Only that one person will obtain it.


「そのたった一人がそれを手に入れる」

意志未来かな。
「手に入れる(つもりだ)」のニュアンス。

"will"を何でもかんでも「~だろう」と訳すのはナンセンス。



○ そういうふうにできている。
 It is something like this.


"something like this"は「こんな感じ」、「こんなこと」というニュアンスの
しばしば見かける句ですね。



【解答】
Everyone has something that they haven't seen before in this world.

It's something very kind and sweet.
If they saw it, everyone would probably want it.
That is why the world hid the thing.
So people cannot easily obtain it.

One day, someone will find it.
Only that one person will obtain it.

It is something like this.



〔出典〕
Toradora!
Episode 1: Tiger & Dragon


(Youtube動画→0:00~)




にほんブログ村 英語ブログ 英語 名言・格言へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。 応援のクリックをよろしくお願いします!
 

スポンサーサイト

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

英検3級な俺が辞書なしの実力でやってみた
there is something like that kind thing nobody have find.
it is tender and very sweat
every one of us might try hard to get it if we were able to find it.
the world hid it away so that he or she cant find it easily.
however, someone must be going to find it some day.
A certain he or she will be able to find it.
it is something like that kind of thing.
これはひどい。
疑問:一行目の「誰も見たことがない」の、「見る」はseeなのかwatchなのか。

Re: タイトルなし

どうしても気になる箇所だけ直してみました。
私もプロではないので、あくまでも参考程度に。

There is something like that kind thing nobody have find.
→There is something that nobody has found.

nobodyは単数扱いです。注意。
findが過去分詞形になってないのは、うっかりミスですかね?

というわけで、これで、
「誰も見つけたことのないものがある」
という意味になりますが、これは文脈に合わなくなります。

「それ」は、しかるべき人が手に入れられるようにできているわけで、
「それ」を今まで、この世界で誰も見つけたことがなかったとしたら、
ちょっと困ったことになりますね。

ですから、
There is something that nobody has seen.
とするのがいいでしょう。

さて、seeかwatchかですが、
結論から言うと、ここではseeですね。

watchは、基本的に「動くもの」を「注意して」見る、の意です。
例: watch TV, watch a football game

動詞の使い分けは、辞書等に詳しい説明も載っていたりもしますが、
やはり、英語の例文に多く触れて、感覚で覚えた方がいいでしょうね。


Every one of us might ... if we were able to find it.
→Every one of us might ... if they were able to find it.

ここでは、主節と従属節の主語が食い違うのはまずいかなと。


A certain he or she will be able to find it.
→It is certain that he or she will be able to find it.

It is something like that kind of thing.
→It is something like that.

おお!よくわかりました!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:シャッセ
 今や小学校の教科書にもマンガが載る時代!
 アニメやマンガ、ラノベなど、日本のサブカルチャーの重要性は高まるばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Animetrans Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。